ヘアカラー対策室

ヘアカラーを長持ちさせるには、1週間程度どのように過ごすかにかかってくるのです。

少しでもヘアカラーを長持ちさせるには

ヘアカラーというのは、簡単にそれまでの自分のイメージをチェンジすることが出来ます。

例えば、なんとなくあか抜けなかった自分が、ヘアカラーでイメージチェンジをするだけで、簡単に印象を変えることが出来るのです。

差が付くヘアカラー

ですが簡単にイメージチェンジをすることが出来る、このヘアカラーというのも、数週間、場合によっては数日でせっかく染めたヘアカラーが落ちてきてしまう場合があるのです。

しかもきれいに染めたのに、すぐ落ちてしまうと、返ってなんだかきれいと言える状態ではないほどヘアカラーが落ちてしまっているという事もあります。

なぜヘアカラーはせっかく染めたのに、すぐ落ちてきてしまうのでしょうか?

これはヘアカラーの宿命なので、落ちてきてしょうがないものなのでしょうか?

実はヘアカラーというのは、すぐ落ちてしまうものというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、本当はヘアカラー剤が髪の毛に良く浸透していない…こういった事実もあるのです。

では、この落ちやすいヘアカラーを持ちを良くするために出来る方法というのは、実際にあるのでしょうか?

あるとすれば、どのような方法なのでしょうか?

ちなみに、その前にヘアカラーが浸透するまでに必要な期間ですが、およそ5日から1週間はヘアカラー剤が浸透するまでに必要になります。

この期間、どれだけヘアカラー剤を落とさないで浸透させることが出来るかどうかで、ヘアカラー剤の持ちというのは、大きく違ってくるものなのです。